ニューヨーク行きの格安航空券を探す方法

05PHAC13

誰もが憧れているニューヨークへ行きたいけど、航空券があまりにも高すぎて手を出すことができない・・・という方におすすめな、格安航空券の見つけ方を紹介します。
これからニューヨークの旅を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

■格安航空券は早めの購入がおすすめ
格安航空券の場合、競争率が高くなりますので即完売になってしまうことがあります。「もう少し待ったら安くなるかも」といつまでも値段とにらめっこをしていると、他の人にとられてしまう可能性があります。ですので、いつまでも購入をためらうのではなく、格安航空券が出たら早めに手続きを行いましょう。
航空券がないと、レンタカーやホテルの予約が遅くなってしまいます。
旅の手続きで手間とストレスがかかるのがこのあたりですが、2つ同時に進めなければ、楽しい旅にすることはできません。
早めに計画を他立てる為にも、航空券、ホテル、レンタカーを同時に手配できるだけの余裕を持つことが大切です。
ただ、格安航空券の場合焦って決めてしまい、あとで内容を確認したら片道だったり、チャージ料が含まれていなかったりするので、よくチェックをしてから購入をしましょう。

最安値航空券 予約はスカイチケット

■金券ショップで航空券をチェック
ホテルやレンタカーを事前に決めたけど、いまだ航空券を手に入れていないという方は、金券ショップを利用してみましょう。
まず、金券ショップの場合、早割以上に安くなるということはありません。
ただ、通常価格よりも2割程度安くなるので価格重視であればおススメになります。
更に、株主優待券を持っている人は、これを利用することで更に安く購入することができます。株主優待券は株主ではない人も利用することができるので、もし株主優待券を持っている人がいればその優待券で購入できます。

■ツアーを利用すれば安い
ツアーの場合、事前に日程が決まっているので、調整をすることができない・・・という人がかなり多いです。
そういった場合は、航空会社の中で行っている独自の割引サービスを利用してみましょう。
航空会社によって、ビジネス、エコノミーなどで定期的に割引を行っています。
特に座席にこだわりがなければ、こうした割引をチェックすることで格安航空券を手に入れることができます。
最近のツアーでは添乗員がつきっきりでないということがあります。
また現地で解散をしたりするものが多いです。
ですので、自分たちで計画をした観光スポットに自由に行くというメリットはあります。
もし、不安であれば事前に行き先が決められているツアーを選択すると安心できます。

ニューヨークのイベントを避ければ安く行ける

ニューヨークと言っても季節によって様々なイベントがあります。その為、季節によって価格が変動してしまいます。
ニューヨークへこれから行こうと考えてる人に少しでも安い費用を行くことができる方法を紹介します。ぜひ、参考にし格安でニューヨークに行きましょう。

■シーズンによって価格が変動する
ニューヨークでは、季節によって様々なイベントを行っています。イベントが開催される時期というのは多くの人がニューヨークを注目しますので、比較的航空券が高めとなっています。
特に、ゴールデンウィーク、クリスマス、年越しなどの日本人が一斉に休みに入る時期は混み合う傾向にあります。
例年、この時期の旅はそこだけでかなり疲れます。
目的としているイベントがなければこの時期を避けた方が良いでしょう。
一番おすすめな時期としては、ゴールデンウィーク明けと夏休みに入る一歩手前の時期です。
この期間は、どこにも属していないので日比較的人は多くありません。それに、航空券も安めに設定されています。

■サーチャージには注意しよう
ニューヨークまでの航空券を探している最中で、今までに見たことのない激安な航空券が出ることがあります。
格安航空券の多くはサーチャージが含まれていないことがあります。
これは意外と気づきにくい部分でもあります。

サーチャージとは、航空機の燃料が賄いきれなかった時に、搭乗をする人に負担をしてもらうお金のことを言います。
原油の価格が変動することで、サーチャージも異なってきます。格安航空券を見つけた時には、サーチャージが含まれているか、いないかを必ず確認するようにしましょう。
各旅行会社によって表記の仕方が違っていますので、事前に見かたをチェックしておくと安心できます。

■航空券を購入する時期で価格は変動するの?
一昔前までは、「○曜日に購入すると安い」と言われていました。しかし、これは全く関係ありません。航空会社では、毎日のように料金の見直しをし変動しているので、行く国によって価格変動することはありません。ただ、イベントなどによって航空券がすぐに売り切れになってしまうことがありますので、ニューヨークへ行く日が決まっているのであれば、早めに購入をした方が安心できます。航空券というのは、出発の日が近くなるにつれて、徐々に価格が高くなっていく傾向にあります。

逆に、数日前になると、安く下がると言ったこともあります。ここまでまって購入をすれば安く行くことはできますが、必ず安くなるという保証はありません。最終的に、航空券を手に入れることができなかったということにならないように、準備は早めがおすすめです。

ニューヨークにある空港の特徴

これからニューヨークに行こうと考えているなら、ニューヨークのことを事前に調べておく必要があります。
現地に行き、道や空港内で迷ったりして、せっかくのニューヨークの旅は無駄になってしまった・・・ということにならないようにしましょう。

■ニューヨークの空港でWi-Fi利用は30分だけ
ニューヨークの街中は基本的に、Wi-Fiを利用することができます。大学やカフェなど当たり前のように、Wi-Fiでネット接続ができます。こうした情報だけを元に、ニューヨークに行くと、空港を降りて行き先を調べようとした時、大変なことになります。
ニューヨークには3つの空港がありますが2014年までWi-Fi環境が整っていませんでした。

その為、空港内ではインターネットの接続ができないので、すぐに道を調べることができません。現在は、30分と時間制限がありますが、この時間内であればWi-Fiを利用することができるようになりました。ニューヨークは、環境が良くWi-Fi設備も整っていると言った認識をしている人が多いですが、実際はこういった事情もありますので、自分なりに対策をした方が安心できます。

■ニューヨークにある空港
そこは人種のるつぼといわれ世界中から人が集まる都市です。
約850万人いるといわれるこの都市にジョン・F・ケネディ、ラ・ガーディア、ニューアークの3つの空港があります。

・ジョン・エフ・ケネディ国際空港
こちらの空港は、JFKという名前で親しまれている空港でニューヨークの代表的な空港となっています。国際線をメインに70以上もの航空会社は入っています。ニューヨークの中でも一番大きく、利用者人数も多い空港です。

・ラガーディア空港
1930年にスタートしたラガーディア空港 は、マンハッタンから13キロの場所にあります。アメリカ国内で移動をする人の利用者が多く、20社ほどの航空会社が入っています。

・ニューアーク国際空港
ミッドタウンやダウンタウンから近距離にある為、利便性が高く路線の数が充実している空港です。成田空港へも直行便も出ています。

このように、ニューヨークにはそれぞれ特徴を持った空港が存在しています。

■各空港から市内へ行く方法
ジョン・エフ・ケネディ国際空港 から市内へ行く手段は、エアトレイン、地下鉄があります。空港内に案内表示がありますので、それに従って進めば乗車することができます。

ラガーディア空港 の場合は、エアトレイン、電車、エアポートバス、ニューアーク・エアポート・エクスプレス・バス、タクシーを利用することができます。
ニューアーク国際空港 はエアポーター、スーパーシャトル、タクシーが利用できます。各空港とも、市内への交通手段は充実しています。

ニューヨークに行く手段とベストシーズンは?

アメリカを代表とするニューヨークは、金融、経済など世界的な中心地として多くの人が憧れている場所です。
そんなニューヨークへ日本から行こうと思った時、どういった手段で行くのかわからないことが多いはずです。そんな方に、ニューヨーク全般を紹介します。

■直行で行くなら成田空港がおすすめ
日本には、関西国際空港、羽田空港、成田空港と様々な空港があります。
以前までは、ニューヨークまでの直行便がそれぞれの空港で出ていたのですが、現在は成田空港だけとなってしまいました。
どうしても成田空港が遠いという方は、関西国際空港からサンフランシスコを通ってニューヨークに行くか、羽田空港からデトロイトを通りニューヨークに行くという方法しかありません。成田空港からの直行便の場合12時間45分程搭乗時間がかかります。他の空港の場合は14時間かかりおよそ3時間程度しか違いはありません。

のんびりと行きたい時には成田空港ではなく他に空港を利用してもいいかもしれません。

■ツアーなら4月が格安でニューヨークへ行ける
世界的に有名な場所なだけあり、ホテルの料金も高めに設定されています。ですので、格安な航空券を入手することはできたけど、ホテルの代金が凄く高いなどと言ったことがあります。少しでも安くニューヨークの旅を満喫したいなら、ツアーがおすすめです。特に1月~2月にかけて、5月終わりから6月比較的安くなっています。

逆に一番高い時期は、ゴールデンウィークや年末年始となっていますのでこれらの時期を避ければ安く行くことができます。4月も春休み明けになると一気に値段が下がりますし、休日前と平日の場合でも価格が異なっていますので、日程の調整によっては格安でニューヨークに行くことができます。

■ニューヨークを楽しむベストな時期はいつ?
ニューヨークは日本と同じ、春、夏、秋、冬を楽しむことができる場所です。そんなニューヨークのベストシーズンはやはり4~6月そして、9月~11月です。この時期は日本と同じで快適な温度の中で過ごすことができます。更に、4月~10月は、ニューヨークヤンキースの試合観戦もできるので、野球ファンの方にとって最高の時期になります。

これらの時期以外にも、ニューヨークのクリスマスは大盛り上がりとなりますので、イベントを楽しみたいという方は冬がいいでしょう。このように、ニューヨークでは年間を通じ様々なイベントを行っているので、それらに合わせて計画をするのもおすすめです。

マイルを貯めて優雅なニューヨークの旅を

“少しでも安くニューヨークへ行くコツはマイルを貯めることです。
マイルはカード払いだけでなくウェブサービスなどを活用することで年に数回、マイルだけで海外に行く人もいます。

■日常生活でマイレージを獲得しよう
マイレージは、飛行機に乗った時だけではなく、クレジットカードで買い物をした場合でも付帯されます。
還元率というのは、各金融会社によって異なっています。
お金で購入した金額そのままをマイレージにすることができるところもありますので、日頃クレジットカーでの支払いが多い人は、マイレージへの還元率の高いクレジットカードへ
切り替えた方がいいでしょう。100円の商品を購入する場合、多くの人が現金で支払います。

これを、クレジットカードに切り替えるだけでも、違ってきます。
継続してみるとある日驚くような数字になっていたりします。
クレジットカードで得たマイレージは、航空券だけではなくレストランやクレジットカード会社が指定した商品などに変えることができるので、ぜひ活用してみましょう。

■通信費の支払いをカードにすればマイルが貯まる
マイルは利用した分追加となっていきます。ですので、毎月の支払全てをクレジットカードで行うとマイルを貯めこんでいくことができるのです。
航空会社によって、提携しているお店やサービスを利用すると、マイルを0.5~1.25の割合で還元してくれるなどのサービスを行っています。
公式ホームページを見ると、詳しい情報が書かれているので、自分にとってどこの航空会社がお得なのかを調べてみるのもおすすめです。

■年間5万マイルになるとラウンジが無料になる
1年の中で、5万マイルを利用した実績があるとボーナスマイルをプラスしてもらうことができます。
他にも、座席はエコノミーなのにビジネスクラス並みの待遇を受けることができます。
お金をかけずにこの待遇は旅先の思い出よりも良い気分になれるでしょう。
思わぬところで、グレードアップしてもらえる可能性があるのでぜひマイルを有効活用していきましょう。少しでもマイルを短期間で貯めたいという場合は、格安航空券や安いツアーなどを利用してとにかくマイルを稼ぐようにしましょう。グレードアップすることでもっといい条件で飛行機を乗ることができます。
ニューヨークまでは、搭乗時間が長いのでできるだけ優雅な時間を過ごしたいものです。そんな時に、マイルがあるとお金を出さずに疲れないいい旅を楽しむことができるので、今日からでもマイルを貯めていきましょう。